悪質業者からメールが届いた話(注意喚起含む)




つい先日、僕のスマホのメールに『悪質業者』から1通のメールが届きました・・・。

以前に何度かは見てもいないサイトを閲覧したとして高額な金額を請求する
メール、いわゆる『架空請求』のメールは届いたりしていました・・・。

しかし今回は新手の悪質メールでした。その内容を記載します。



タイトルは重要通知:「(メールアドレス.jp)様へ振り込み依頼が届いております。

とあり、その下にクリックを促すアドレスが記載されており、振り込み金額はなんと2億円・・・w

振り込み依頼人は実名で「松永弘子様」と書かれていました。

振り込み保持期限はメールが届いた日の午後22:00まで。

そしてその下に
※振り込み依頼保持期限を過ぎても、ご確認いただけなかった場合は、送金組み戻しとなり弊社にてしかるべき対応を検討せざるを得ません事をご承知おきください。

その下にまたお問い合わせ先としてアドレスが記載されていました。
このメールの悪質な所は、依頼保持期限過ぎても確認しなかった場合
送金組戻し』となり・・のところですw

このワードでいわゆる“釣り”を行っているのかなと・・・・。


送金組戻しの意味を調べてみると

振込手続き完了後に、ご依頼内容に誤りがある、または振込を取消したい等、お客さま(依頼人)のご都合でその振込を取消す依頼をする手続きのことです。 ただし、基本的には誤って振込された相手の同意が必要であり、同意が得られなければ組戻しを依頼しても返却されない場合もあります。


と、ありますがそのあとの“しかるべき対応”の意味がよくわからないですよね・・・。

まさか2億円の振り込み依頼があって、その当日の午後22:00までに確認を取らなければ“逆に2億円請求します!”とかではないですよね・・・w


僕の場合になりますが、こういったメールが届いた場合はまず焦らずに全文読んでみて、次に似たような事例がないかネットで検索をかけてみます。

そうしたら大体検索にヒットします。そういったサイトに親切な人が対処法や注意喚起を記載してくれていますのでその対処法を取りましょう・・・。(大抵は無視でOKと書かれている場合が多いですw

そのあとは忘れずに自分が使用している携帯のキャリア(docomoなど)に迷惑メール報告をしましょう。


あともうひとつの注意点は絶対にメールに記載されたアドレスをクリックしてはいけません・・・。

これをクリックしてしまうと送信したメールアドレスが生きていることを業者に知らせてしまうことになります。

とくに最近はスマホの普及によりスライドしているときに誤ってクリックしてしまう事例がありますのでくれぐれも注意しましょう。


まあよくよく考えたら、このご時世に見ず知らずの一個人に対して
2億円あげます”とかいう、おいしい話はないですよね・・・。

10万~100万程度の金額ならまだしも、2億円とか非現実的すぎますし・・・w

ただ高齢者の方にこういったメールが届いた場合に焦ってしまい冷静な判断力を失ってしまわないことを願いたいと思います。

こういった悪質業者からのメールは手を変え品を変え送られてきます。

いかなる場合も冷静さを失わずに落ちついて対応しましょう・・・。



最後までお読みいただきありがとうございました。



コメント

このブログの人気の投稿

MCNのUUUMネットワークの手数料が20%から500円に変更された件

暑い夏を乗り切る!丸亀製麺新メニュー 『こく旨豚しゃぶぶっかけうどん』

春に生まれる新しい命