YouTubeについて思うこと




日頃からいつもなにげなく見ている動画サイトといえばやはりYouTubeですよね・・・。(ロゴ風w)

僕は家にいるほとんどはまともに動画を見なくても一日中YouTubeを流しているときもあります。

まず一つめの動画を見たらその横に「あなたにおすすめ動画」とか出てきたりして、次はこれを見たいって感じになってどんどんサーフィンしていく感じになるんですよね・・・w


そんな数ある動画の中でオリジナルコンテンツの動画をたくさん制作し、広告収益で生計を立てる
YouTuber』(ユーチューバー)という人たちが大活躍していますよね。

こういう人たちは元々は“一般人”です。

しかしYouTube効果により人気ユーチューバーの人たちはある意味もう芸能人のように扱われている人たちもいます。

それはなぜかというとMCNマルチチャンネルネットワーク)という人気のあるユーチューバーをスカウトして抱え込んだ事務所のようなものが最近増えてきました。

こういった事務所が芸能事務所の役割を果たし、企業に売り込んでいくのです。

一昔前までは芸能事務所に所属するには路上でスカウトされるとか、自分から事務所に応募してオーディションを受けて合格してから所属するというのが芸能人を目指す手段でした。

そう考えるとネットの力ってやはり偉大ですよね・・・。


最近はTVよりも動画に広告掲載を希望する企業も増えてきているらしいです。

そして広告を出したい企業が人気ユーチューバーに宣伝してほしい商品などの紹介をお願いし、その仕事を取ってくるのがMCNというわけです。

まあ元々の広告代理店の役割を果たしているのがGoogleでアドセンス部門のほうはGoogleが受け持っているということになります。。


僕はこのMCNについて解説をしている動画や、元所属していた人の感想などの動画を見るのがとても好きですw

それは“スカウトされる場合と自分から応募して所属する場合の対応が違う”とか、“広告収益の20%を事務所に持っていかれるのがネックだ”などメリットやデメリットを解説している動画をアップしている人が結構いるんですよね・・・。

スカウトされるための絶対条件になるものはYouTubeのチャンネル登録者の人数です。

おそらく20万人以上が最低条件ではないかと言われています。

収益の20%を事務所に持っていかれるというのは動画につけているアドセンスの収益から20%引かれるということです。

それでもMCNの魅力は高く、有名になりたいと思う人たちが20%引かれても所属したいという人たちがかなりいるようです・・・。

特に小・中・高の学生たちの応募が多いそうです・・・。

なんか時代を感じますよね・・・w


そんな中自分からMCNへ応募し、“チャンネル登録者が4人の人が合格したのに自分は不合格だった・・・。”という愚痴動画などをアップしている人がいたり、“合格したけど所属するのをやめました。その理由”という動画などもあります。

一応MCNも応募してきた人たちの動画を見て審査するのでMCNを批判する動画を上げている人や、常識外の動画を上げている人たちは不合格になるみたいです。

まあ、そうでしょうね・・・w


それでも最近はオリジナルコンテンツでもかなり面白い動画を作成し、はまってしまうような動画をアップしている人もたくさんいますのでこれからも非常に楽しみなところですね・・・。



最後までお読みいただきありがとうございました。



コメント

このブログの人気の投稿

MCNのUUUMネットワークの手数料が20%から500円に変更された件

暑い夏を乗り切る!丸亀製麺新メニュー 『こく旨豚しゃぶぶっかけうどん』

春に生まれる新しい命