Androidからiphoneに移行して気づいた違い








今までアンドロイドを2年使って、メモリ不足のため先日『iphone』に変更しました。

いくらiphoneといえどiphone7にもなると本体価格自体は10万円前後します。

ほぼ安いパソコンが買えるくらいの価格w

これは分割じゃないと買えないと思い、分割で購入することにしました。


ただ携帯業界も最近は審査が厳しくなりましたよね・・・。

携帯代の支払いが1ヶ月でも遅れたりすると分割の審査が通らず一括で買うしか方法がない。

もし支払い遅延が理由で分割できない場合は半年間一度も遅れずに支払い続け、信用を作ってから再度分割の申請をしてみて通ってからでないと分割で買えない場合が多いです。

昔は機種本体代0円とかザラだったのに、あの時代はどこへ・・・w


まあそれはさておき、アンドロイドからiphoneに変更して久々に色々と勉強しました。

まず、電話帳メールは普通に機種変更のときに移動できます。

次にTwitterなども最初からアプリが入っていたりするのでわざわざ落とさなくてもログインだけで使用できるかと思います。
(最初から入ってない場合はダウンロードしましょう)

LINEに関しては自宅にWi-Fiがない人は機種変更時にショップでデータ引継ぎ処理をしたほうがいいです・・・。

自宅にWi-Fiがある人であれば機種変更完了後、後日であってもデータ移動が可能。
僕は後日にWi-Fiを使ってデータ引継ぎ処理をしました。


しかし僕が一番とまどったのは“iphoneでアプリをダウンロードする方法”でした。

僕はアンドロイドでやっていたゲームアプリをiphoneに引継ぎしようとしました。

アンドロイドは『グーグルPlay』を使用してアプリを落としていたので、iphoneもその方法でやるのかとてっきり思い込んでしまっていたのです。

しかしそれでやろうとしたらインストール済みとなり同じアプリを落とせないんです。


しばらくわからず色々調べた結果、iphoneは『App Store』でアプリをダウンロードするということがわかりました。

iphoneユーザーからすれば「そんなの当たり前だろ」と思うかもしれませんが、アンドロイドだけしか使用したことない人からすれば
アプリはグーグルPlayからダウンロード”するという習慣がついてしまっていて他の方法を思いつかないんですよね。

恐いですね、固定観念って・・・w


あとアンドロイドはマイクロSD使えてたのにiphoneは機種を開けることができないので入れれないとか色々勉強になりました。

本当にスマホに関してはどれも一長一短ありますよね・・・。


もし機種変更をお考えの方がいましたら、機種の下調べは慎重におこなったほうがいいと思います。



最後までお読みいただきありがとうございました。



コメント

このブログの人気の投稿

MCNのUUUMネットワークの手数料が20%から500円に変更された件

ゲイブという犬が歌うAll I want for Christmas is You

iphoneの画面をミラーリングできるReflector2を購入してみました