姪っ子が思い出させてくれたもの





僕には3歳になる姪っ子(女の子)がいます。

昨日は祝日だったこともあり、その子が久しぶりに家に遊びにきました。

そしてその姪っ子が僕に画像のものをくれました・・・。

紙で作った「ウサギ」だそうですw

姪っ子がくれたその紙で作った手作りのウサギを見て、ふとあることに気づきました。


最近の機器はパソコンにしても携帯電話にしてもとても便利になりました。

と、同時に機械化が発達したせいもあり、僕もそうですがパソコンばかりいじるようになってしまいました。

最近はまったくこういった手作りのものをめっきり作らなくなったなあ・・・と。


僕が子供のころはパソコンもそこまで普及していなくて、ゲーム機はありましたがまだまだ原始的な商品が結構ありました。

そしてそういった商品や手作りのもので僕も昔は遊んでいたはずなのです・・・。

しかしいつの間にかそういったこともすっかり忘れてしまい、文明の利器にどっぷり浸かっている事に気づかされました。

こういった折り紙や切り絵みたいなものって今も保育園とかで作ったりしてるのかな・・・?とか考えながらほのぼのとしつつも、なんかこういう気持ちも忘れてはいけないな・・・と感じました。


現在も昔のものがリメイクされて再販されたり、昔絶版になった本などが復活したりすることがたまにあります。

それは昔の古き良きものが現代でも認められて再販されている証ということなので、僕はそれはとても良いことだと思います。

これからもまだまだ機械化が発達し便利な世の中になってくるとは思いますが、それらとうまく共存しながらかつ、こういった心も忘れないようにしていこうと思いました。

大人たちが子供たちに教えれることはたくさんあると思いますが、逆に子供たちが僕たちに何かを気づかせてくれることもあります。

そういったことに気づかせてくれた姪っ子に「ありがとう」と思いつつも、これからの社会を背負っていくのは君たちなので、この厳しい世の中にも打ち勝っていって欲しいと切に願いつつも心から応援しています・・・。


最後までお読みいただきありがとうございました。



コメント

  1. そうですよね…かわいい姪っ子さんですね。純粋に…何事もなく幸せに過ごしてほしいです。

    返信削除
    返信
    1. 姪っ子は0歳のときに一度高熱を出したことがありまして、危険なときがありましたが病院の人たちのおかげで今は男の子以上に元気なおてんば娘です(笑)

      お心遣いありがとうございます。

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

MCNのUUUMネットワークの手数料が20%から500円に変更された件

暑い夏を乗り切る!丸亀製麺新メニュー 『こく旨豚しゃぶぶっかけうどん』

春に生まれる新しい命