YouTubeが違法動画対策??






ここ最近知ったのですが、YouTubeにてチャンネルの総再生回数が1万未満
チャンネルには広告を表示できないようにアップデートしたそうです。


以下詳細

https://youtube-creators-jp.googleblog.com/2017/04/youtube-partner-program-update.html





今回のこのアップデートについてYouTubeでも多数の人が動画をアップロードして
議論しています。

その理由としては、一部では‟Googleに参加していた大手広告企業の撤退が原因”ともいわれており、もう一つは‟新規のテレビ番組などの違法動画に広告をつけさせないための対策”といわれています・・・。


今回のこのアップデートについて僕は「YouTubeが本腰を上げたな・・・」と思いました。


今までは第三者が作成したテレビ番組などの違法アップロードは誰でも簡単にでき、そこそこ閲覧数もとれるのでそれで広告収益を得る人たちもたくさんいたのが現状です。

しかしYouTubeがまったく対策を講じていなかったのかといわれるとそういうことではなく、制作会社が事前にそのデータをYouTubeに申請していれば、それと同じ番組の動画がアップロードされた際に事前にブロックすることもできました。


なおそれでも動画を改編したりされてしまうと、システムがそれを認識できずにそれと同じ動画であってもアップロードされ、それに広告がついてしまうという俗にいうイタチごっこ状態でした。


最近ではテレビ番組の違法動画をアップロードしていたチャンネルのほとんどは停止されているといっても過言ではないのですが、今回このYouTubeのアップデートにより、新規にテレビや第三者が作成した違法動画をあげたとしても、1万回再生からしか広告を掲載できないとなると極端にそれは減っていくのかなと思います・・・。

けれどもテレビ番組などの違法動画はやはり簡単に1万回再生くらいはすぐに突破します。

なので、YouTubeはその後に1万回再生に到達したあとにその動画の内容などがポリシーに反していないか?などの審査をおこなうようです。

この対策によって、ほぼこれらの違法動画で収益を得ることは極端に難しくなると思います。


これからYouTubeはオリジナルコンテンツで質のいい、長く運営できるチャンネルの動画のみが信用を得られ収益を得ていくことができるシステムになっていくということですね・・・。

今後の動向も気になっていくところではあります・・・。



最後までお読みいただきありがとうございました。



コメント

このブログの人気の投稿

MCNのUUUMネットワークの手数料が20%から500円に変更された件

暑い夏を乗り切る!丸亀製麺新メニュー 『こく旨豚しゃぶぶっかけうどん』

春に生まれる新しい命