春に生まれる新しい命






我が家にはこの時期、一年に一度の楽しみでもあり、かつ大変な行事があります。

それは春にだけ帰ってくるツバメたちです・・・。


僕の家の車庫に十数年前から巣を作り、こうして毎年3月くらいにちゃんと家に帰ってきます。

そして大体秋が近づいた来た頃(8月下旬くらい)にまたどこかへ飛び立っていき冬の間は日本にいません。


ネットで調べた限りではツバメは寒さに非常に弱いため、冬の間は暖かい国で過ごすそうです。


一説では台湾とかフィリピン辺りではないかといわれています・・・。


そんなこんなで数十年前から住み着き現在では巣の数は3つになります。

一つは天井の電気の中、もうひとつはセンサー用の電気の上、最後は防犯カメラの上(笑)


とにかく高い位置で上が平らなとこにはまず100%巣を作ってしまいます。。

そしてどの巣もちゃんとフル稼働しており、冬の間に少し劣化した箇所などがあると、ちゃんとメンテナンスもしているようです。


多いときは十数匹が車庫の中や外を飛び回り、つい「うるせー!!」と言ってしまうこともあります。


元々は野生の動物なので直接さわったり心が通うことはありませんが、やはりペットみたいでかわいいです。

ツバメは外敵から身を守るために人間の住処にわざと巣を作っているらしいです。


なのでこの子たちが無事繁殖してまた旅立てるようにこの時期はかなり神経を使います。


あ、この画像は朝日が昇ってきたのをみてるときにちょうど飛んできて目の前に止まり、一緒に朝日を眺めたときに撮った写真です。

あとツバメの感心するところは、どの鳥よりも早起きで、子育てのためのエサ取りも、どの鳥よりも夜遅くまでやっているという働き者なとこですかね。


そのせいかわかりませんが雛から飛べるようになるまでの時期が非常に早いです。

ツバメが巣を作るとその家は繁栄する”という昔からの迷信がありますが、たいして繁栄したような感じもしないというか・・・。


まあ新しい命が毎年生まれて、旅立っていくということだけでも神聖な場所というか、それだけでもスピリチュアル的に良いことかと勝手に思っています。
(神聖な場所も実はツバメのフンだらけですが・・・(笑)


最後までお読みいただきありがとうございました。



コメント

このブログの人気の投稿

暑い夏を乗り切る!丸亀製麺新メニュー 『こく旨豚しゃぶぶっかけうどん』

MCNのUUUMネットワークの手数料が20%から500円に変更された件